脇のむだ毛は、とても目立つので気になってしまい、毛抜きで一本一本自己処理をする人も多く、抜いたときはきれいになりますが、埋もれ毛ができてしまい、無理に抜くことになってしまったり、毛穴に細菌が入って化膿してしまったりすることも多いようです。

自己処理でのトラブルを繰り返した肌は、色素沈着しやすくなり、炎症を起こした部分や、こするなどの刺激を受けた部分の色が濃くなってしまうことがあります。

色素沈着を起こした肌は、むだ毛をきれいに処理しても、くすんで見えるので、また気になってしまいます。脇の肌をきれいにしたいなら、自己処理をしないことが大切なので、脱毛をおすすめします。脇の脱毛で人気があるのは、エステサロンやクリニックで受けることができる、光脱毛です。

光を脱毛したい部分に当てるだけなので、とても簡単に施術でき、痛みも少ないので人気があります。また光脱毛をすると、光の美肌効果を得られるため、肌に透明感が出て、きれいになることもおすすめの理由です。

また、むだ毛が生えなくなった肌は、毛穴が自然に縮小して、目立ちにくくなるため、なめらかでつるつるになってきます。自己処理で荒れた肌を回復させるには、自己処理をしないことが良いのです。