脇のむだ毛は、とても目立つので気になってしまい、毛抜きで一本一本自己処理をする人も多く、抜いたときはきれいになりますが、埋もれ毛ができてしまい、無理に抜くことになってしまったり、毛穴に細菌が入って化膿してしまったりすることも多いようです。

自己処理でのトラブルを繰り返した肌は、色素沈着しやすくなり、炎症を起こした部分や、こするなどの刺激を受けた部分の色が濃くなってしまうことがあります。

光脱毛は色素沈着をした肌におすすめ

色素沈着を起こした肌は、むだ毛をきれいに処理しても、くすんで見えるので、また気になってしまいます。脇の肌をきれいにしたいなら、自己処理をしないことが大切なので、脱毛をおすすめします。

脇の脱毛で人気があるのは、エステサロンやクリニックで受けることができる、光脱毛です。

光脱毛は美肌効果もあります

光を脱毛したい部分に当てるだけなので、とても簡単に施術でき、痛みも少ないので人気があります。また光脱毛をすると、光の美肌効果を得られるため、肌に透明感が出て、きれいになることもおすすめの理由です。

また、むだ毛が生えなくなった肌は、毛穴が自然に縮小して、目立ちにくくなるため、なめらかでつるつるになってきます。自己処理で荒れた肌を回復させるには、自己処理をしないことが良いのです。

脇をツルツルにする脇脱毛

チクチクした脇をツルツルにしたいと思う場合、自己処理では不可能であると言われています。一般に、脇毛を自己処理できれいにしようと思う場合、毛抜きで一本一本抜くという方法をとっている人もいることでしょう。

しかし、抜き過ぎると毛穴が広がってしまい、そこに角質が溜まりそれが酸化して黒くなってしまうことがあります。また埋没毛になってしまうことさえあります。

それで、脇をツルツルにしたいと思うなら、毛抜きによる自己処理は勧められていないと言えるでしょう。では、脇をツルツルにしたいと思うなら、いったいどんな方法で脱毛するのが良いのでしょうか。

最善の方法は脱毛サロン施術を受けること

脇毛の場合、簡単に自己処理できると思われがちですが、実はきれいに自己処理するのは難しい部位であると言われています。

それは、毛が生えている方向が一定ではなく、いろいろな方向に生えているからです。そんな毛を本当にきれいに処理し、ツルツルにすることができるのは、やはりプロである脱毛サロンでしょう。

脇脱毛を行なう脱毛サロンは非常に多くありますが、基本的に言って、プロによる丁寧な施術を受けることができるというメリットがあります。

更にローションなので保湿すると効果が抜群

サロンによっては、わき脱毛の施術後仕上げに使用するローションにこだわっているために、ツルツルの脇にすることができると言えるでしょう。例えば、脇脱毛後にプラセンタエキス配合のローションを使うことによって保湿ケアをし、乾燥を防ぐことができるでしょう。

脱毛を受ける前にムダ毛を剃ることについて

脱毛予約の前日には、会員は自分でムダ毛を剃るように言われます。混雑状況の緩和を考えているので、シェービングサービスについてもアナウンスがあります。

予約の前の日、または当日にはサロンへ行く前に、施術する部位は自分で剃るのは必須です。自分でのシェービングを基本としているので、もしもサロンで剃り残しのあった場合の対処は、大きく2つのパターンになります。

剃り残しがあった場合の対処

剃り残しの該当部位だけ、照射を避ける方法、もしくはその日は脱毛をしないということになりますので、剃り残しをしないように処理をします。

脱毛サロンでスタッフがシェービングをお手伝いしてくれるのは、襟足に背中上下、それからヒップ奥のみ、会員による剃り残しがあった時には、シェービングのお手伝いをしてもらえます。

できるだけ剃り残しのないように、自分で鏡を見たり、明るい場所で確認をしながらのシェービングをすることです。

ムダ毛は長い状態だと、そのままカミソリを当てると、カミソリの刃にムダ毛が絡まりやすいです。長いムダ毛の場合は最初に、ハサミで短い長さに切っておくと、カミソリでシェービングをしやすいです。

カミソリより電池式シェーバーが安全

T字のカミソリを愛用する女子も多いですが、肌への安全性を考えると、カミソリよりもコンパクトな電池式シェーバーが便利になります。

家電量販店の美容機器コーナーに行くと、顔用の電池式シェーバーの販売もあるので、検討してもいいです。