むだ毛が目立つので気になってしまい、毛抜きやかみそりで自己処理をする人も多くいます。処理した時はキレイになりますが、埋もれ毛ができてしまい、無理に抜くことになってしまったり、毛穴に細菌が入って化膿してしまったりするトラブルも多いのです。

また、自己処理はお肌に大きな刺激を与えるため、それを繰り返すことで色素沈着になりやすくなります。色素沈着があっても光脱毛は可能なのか、また光脱毛で色素沈着は改善できるのかについてまとめてみました。

ムダ毛の自己処理で色素沈着になる

色素沈着を起こした肌は、むだ毛をきれいに処理しても、くすんで見えるので目につく場所だと気になってしまいますよね。

【色素沈着とは】

色素沈着は、お肌にメラニン色素が生成されてしまう現象のことで、外から刺激をうけることでできてしまいます。色素沈着は、紫外線、ムダ毛の自己処理、下着による摩擦、掻きすぎてしまうことが原因の場合があります。このように人工的な刺激によってできるものが色素沈着なので、顔、脇、Vライン、関節部分など様々な場所の皮膚にできてしまいます。

また、ムダ毛の自己処理による刺激でも色素沈着はできてしまうので、自分でせずにプロによる脱毛をおすすめします。脇の自己処理は生理中に避けた方がいい理由はこちらに書いてあります。→手軽なワキの自己処理は生理中には不向き

脇、vioライン、全身脱毛で人気があるのは、エステサロンで受けることのできる光脱毛や医療クリニックでできるレーザー脱毛です。

色素沈着があっても脱毛はできる

皮膚に色素沈着があると脱毛できないのではないか?と思ってしまう方もいます。光脱毛の光は、黒いメラニン色素に反応するので色素沈着がある場合は光が吸収され火傷をしてしまう可能性はあります。日焼けしたお肌も同じことが言えます。しかし、そこまで酷くない色素沈着であれば問題なく光脱毛をおこなうことができます。

お肌に負担にならない為に、色素沈着の部分は脱毛マシンの出力を下げて光脱毛を行う方法もあります。それに、最近の光脱毛の機械は高熱の光を使わないハイパースキン法や刺激の少ないだ脱毛器もありますので、そういったものを使用している脱毛サロンへ行けば色素沈着があっても安全に脱毛ができるのです。

あまりにひどい場合には、色素沈着部分は避けて施術することもできますので、まずは無料のカウンセリングを予約してスタッフに聞いてみることをおすすめします。もしも断られた場合には、別のサロンへ行ってみるのも1つの方法です。

光脱毛で色素沈着は改善できるの?

IPL脱毛

光脱毛で色素沈着を改善することはできます。光脱毛の施術を何回も行うことで自己処理の回数が減ってきますので、カミソリや毛抜きによるお肌への刺激がなくなります。

メモ
光脱毛の一種IPL(インテンス・パルス・ライト)脱毛は、脱毛効果だけではなくお肌の細胞を活性化させることもできるのです。フォトフェイシャルやシミ治療にも使われることがあり、ターンオーバーを促して色素沈着やシミを改善できるのです。

IPL(インテンス・パルス・ライト)脱毛は銀座カラーやエピレで採用されている光脱毛方法です。完全に消すのは難しいのですが、色素沈着を薄くすることはできるでしょう。医療クリニックのアレキサンドライトレーザーもIPL同様脱毛とシミ改善ができる機械です。

光脱毛の種類と色素沈着への効果

脱毛の種類とサロン名 痛み ジェル 色素沈着の改善
IPL脱毛(銀座カラー・キレイモ) 少し有り 冷たいジェル(キレイモは無し) 改善できる
SSC脱毛(ミュゼ・脱毛ラボ) ほぼ無し 冷たいジェル 改善できない
ハイパースキン脱毛(ディオーネ) 常温orホットジェル 改善できない

 

美白ローション

脱毛サロンでは、光脱毛の後に鎮静ローションやクリームを塗ってくれます。このローションにも色素沈着を改善する成分が配合されているのです。アゼプチン、ビタミンc誘導体、プラセンタエキスなどが入っているので美白効果があり、色素沈着を改善できるのです。美白の他に、美肌・保湿効果もあるので嬉しいですね。サロンで使われているローションは販売もされていますので、購入して自宅で使うことも可能です。

光脱毛は美肌効果もあります

キレイモ、ミュゼプラチナム、銀座カラー、エタラビなど脱毛エステでできる光脱毛は、脱毛器の光を脱毛したい場所に当てるだけなので、とても簡単に施術でき、痛みも少ないので人気があります。また光脱毛をすると、美肌効果を得られるため肌に透明感が出て、キレイになることもおすすめの理由です。

むだ毛が生えなくなった皮膚は、毛穴が自然に縮小して、目立ちにくくなるため、なめらかでつるつるなお肌になってきます。自己処理で荒れた肌・色素沈着を回復させるには、自己処理をしないことが良いのです。チクチクした脇をツルツルにしたいと思う場合、自己処理では難しいですよね。

脇毛を自己処理できれいにしようと思う場合、毛抜きで一本一本抜くという方法をとっている人もいるでしょう。しかし、抜き過ぎると毛穴が広がってしまい、そこに角質が溜まりそれが酸化して黒くなってしまうことがあります。また埋没毛になってしまうことさえあります。

それで、脇をツルツルにしたいと思うなら、毛抜きによる自己処理は勧められていないと言えるでしょう。では、脇をツルツルにしたいと思うなら、いったいどんな方法で脱毛するのが良いのでしょうか。

最善の方法は脱毛サロン施術を受けること

脇毛の自己処理は難しい…

脇毛の場合、簡単にかみそりや毛抜きで自己処理できると思われがちですが、実はきれいに自己処理するのは難しい部位なのです。それは、毛が生えている方向が一定ではなく、いろいろな方向に生えているからです。

そんな毛をきれいに処理し、ツルツルにすることができるのは、やはりプロである脱毛サロンでしょう。脇脱毛を行なっている脱毛サロンは多くあります。プロによる丁寧な施術を受けることができるので便利なんですよ。人気脱毛サイトはこちらで紹介しています。

脇脱毛の人気おすすめランキング!安くて口コミ評価が高いのはココ

光脱毛前日には自己処理を忘れずに

脱毛予約の前日に、自分でムダ毛を剃るように言われます。混雑状況の緩和を考えているので、シェービングサービスについてもアナウンスがあります。予約の前の日、または当日にはサロンへ行く前に、施術する部位は自分処理してくことは必須です。どのサロンでも自分でのシェービングを基本としているので自分でできる部分はおこなっていきましょう。

自己処理をしないでサロンに行くとどうなる?】

  • 剃り残しの部位だけ照射を避けて処理されてしまう
  • シェービング代の料金が発生する
  • サロンによっては施術1回分の消化や当日キャンセル扱いになる

このようになりますので、剃り残しをしないように自分で処理するようにしましょう。脱毛サロンでスタッフがシェービングをお手伝いしてくれるのは、襟足、背中上下、それからOラインのみというサロンが多いのです。

これら背面は剃り残しがあった時に、無料でシェービングのお手伝いをしてもらえるサロンが多くありますが、できるだけ剃り残しのないように、自分で鏡を見たり、明るい場所で確認をしながらのシェービングをすることをおすすめします。

ムダ毛が長い状態だと、そのままカミソリを当てると、カミソリの刃にムダ毛が絡まりやすいです。長いムダ毛の場合は最初に、ハサミで短い長さに切っておくと、カミソリでシェービングをしやすいんですよ。

自己処理にはカミソリより電気シェーバーが安全

ドラッグストアやコンビニで手軽に買えるT字のカミソリを愛用する女子も多いですが、肌への安全性を考えると、カミソリよりもコンパクトな電池式シェーバーが便利です。ポーチにも入るので持ち運びにも便利です。

家電量販店の美容機器コーナーに行くと、顔用の電気シェーバーの販売もあるので、検討してもいいでしょう。電気シェーバーはお肌に優しいので、傷つけることなく処理できるんですよ。電気シェーバーはカミソリよりも色素沈着にもなりにくいので、光脱毛前のお手入れはもちろん日々の使用にもおすすめです。

夏になり肌を露出する季節になると多くの女性が脱毛のことを気にしだします。近年は女性だけでなく、男性も気にする人が多くなってきました。男女問わず、すべすべの肌が異性を惹きつけるためには重要なポイントとなってきています。

エステサロンを比較することが大事

脱毛をできるお店はクリニックとエステサロンがあります。エステでは光脱毛を、クリニックではレーザー脱毛を主におこなっています。エステサロンは、ミュゼ、銀座カラー、ディオーネ、キレイモなどがあり、費用が安く痛みが少ないという特徴があります。

エステサロンでの脱毛は、レーザーにより毛根に直接ダメージを与えることで毛が自然に抜け落ちるようになっています。肌ではなく毛根に直接作用するため肌に負担がかかることはありません。また、パワーも光脱毛より強いので脱毛の回数が少なく済みますし、医師もいるので安心感があります。

自己処理の負担が減るだけでも色素沈着になる刺激も減り、すべすべ肌効果は得られますが、多くのエステサロンではそれにプラスして肌を保湿してくれます。そのため肌がきれいになり、エステを受けたかのような効果も得られるのです。サロンやクリニックにはそれぞれ特徴があるため比較検討して選ぶとよいでしょう。

自宅でできる色素沈着対策

色素沈着は自宅でも改善することができます。色素沈着を悪化させないようにするには、このような生活を送りましょう。

  • お肌のターンオーバーを整える
  • 美白効果のある食事をとる
  • お肌に刺激を与えない
  • 紫外線対策をする

刺激を与えないという点ではムダ毛処理も含まれますので、光脱毛をしてしまえば解決されます。また、下着による色素沈着や黒ずみ対策としてボクサータイプの下着、綿やシルクの素材で摩擦の少ないものもおすすめです。