脇に限ったことではありませんが、脱毛をするならプロにお任せするのが一番確実で効果があります。もちろん価格はそれなりに高いのですが、それに見合った効果を実感することが出来るのでコストパフォーマンスは決して悪くありません。

後悔する前にプロによる脱毛を受けよう

あの時やっておけば良かったと後悔する前にプロによる脱毛にチャレンジしてみましょう。自己処理とプロの施術の違いは言うまでもありませんが、仕上がりのきれいさと透明感でしょう。

脇など柔らかい皮膚は、自分で抜いたり剃ったりすると鳥肌のようにブツブツになる場合があります

レーザー脱毛や光脱毛ですと、肌表面を傷つけずメラニン色素のみに反応する光を照射しますので、毛根にだけ確実にダメージを与えることが出来るのです。その結果毛の成長を阻害し生えてこなくなるという仕組みです。

効果を感じるのは1回では難しい

毛周期との兼ね合いもありますので、1回の施術で終わるわけではなく何回か通わなくては効果は現れません。ですが自己処理ではまず得られない効果を実感することが出来るので、脇脱毛をやって良かったという方がたくさんいるのは事実です。

自己処理で肌トラブルを招いて後悔しないように、エステや医療機関での施術を受けることをおすすめします。

未成年でも脇脱毛ってできる?

おしゃれを楽しむ人は年齢を重ねた人だけではありません。今では小学生の頃からおしゃれを楽しんだり、メイクをする人も増えてきています。それと同時にやはり気になってしまうのはムダ毛です。

せっかくのおしゃれもムダ毛があれば意味がありません。近年では、脇脱毛を未成年でも行えるサロンが増えてきています。それだけおしゃれに気を使う人が増えてきているということでしょう。

保護者の同意書が必要

未成年が脇脱毛を行う際には、保護者の同意書が必要になるという点です。

親権者の同意書、捺印やサインが必要になってくるため、脇脱毛を行いたい場合には親を説得する必要があります。実際にサロンに行ってカウンセリングを行う際にも保護者が一緒にいなければいけないところもあります。

成長期の脱毛は生理が来ているかがチェックされます

また、サロンによって違いがありますが、多くは「順調に生理が来ているかどうか」が問題となります。ムダ毛が生えてくる仕組みとして、女性ホルモンと男性ホルモンは見逃すことはできません。女性の場合にはそれをはかる目安として順調に生理が来ているかどうかという点がチェックされます。

生理周期が不順だという場合にはホルモンバランスが安定していないと考えられますし、まだ初潮を迎えていない場合にはこれから第二次成長期が訪れると考えられますので、その前に脇脱毛を行ってしまっても、第二次成長期によって再びムダ毛が生えてくる可能性があるためです。この2点をしっかりと注意して、脇脱毛を行うサロンを選ぶようにしましょう。

脱毛をしても生えてくる理由

脱毛サロンを利用してもまた生えてくるといったケースは珍しくありません。脱毛サロンの施術は即効性があるわけではありませんので、単純に脱毛回数がまだ足りていないだけの場合もありますが、別の原因によって再発してくることもあるのです。

毛の生えてくるタイミングが箇所によって違うため

その他の原因に毛周期が関係していることがあります。毛周期は毛の生え変わりのサイクルのことで、生えたり抜けたりを繰り返しています。施術をする時には毛周期を意識したタイミングで行いますが、特に効果的なタイミングなのが成長期です。

毛が生えてくるタイミングですが、この時に施術をすることで脱毛効果を発揮させることができるのです。ところがそれぞれの毛によって生えるタイミングに相違があります。

そのため施術をしてもしっかりと照射ができていない場合があり、結果的にその部分から毛が生えてきてしまう可能性も否めないのです。

人の手による作業だから確実とは言えません

打ち漏らしによって生えてきてしまうケースも挙げられます。確実に脱毛をするにはしっかりと狙い打ちをして光を照射する必要がありますが、人の手による作業ですので部分的に光が上手く当たらないこともあるのです。

光が当たらないと脱毛効果はありませんので、これもまた生えてきてしまう理由のひとつです。もし発毛をするようなら脱毛サロンに相談をしてみるのがおすすめと言えます。

契約期間内なら再施術を行ってもらえる可能性があり、また、気付いた時には自己処理で済ませず早めに相談をした方が良いでしょう。